ARM版Windowsだって。

32bit/64bitだのなんちゃらEditionだのでただでさえ混乱しているのに、この上さらにx86かARMかの細分化ですか…
Macで言うところのRosettaみたいなのは積んでくるんだろうか?
でも、積めたとしても、新しく追加されるARM系のほうが基本的に非力なわけで、実用的にはなりそうにないよね。
FAT Binary化(Macで言うところのユニバーサルバイナリ)での対応もあると思うけど、それだと古いアプリはARMじゃ動かないわけで。
Windowsって過去との互換性が一番の売りだと思うんだけど、それが期待できないようじゃWindowsの価値無し。

フルサイズWindowsのARM版ですよって名乗るよりは、Windows Phoneのタブレット/ネットブック版ですよって名乗る方が現実的だと思うんだけど、ただでさえ出遅れ感ありありなWindows Phoneのファミリーに見られちゃ商売的に辛いか。

なんか、Windowsの終わりが始まってる。

This entry was posted in blog and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>