iMac (Early 2011)の予想。というか願望

Sandy Bridgeが登場したので、遠からずこれを搭載したiMacが出るのは確実だと思う。
でも、CPUが変わるだけかな?
AirでSSD化したら総合パフォーマンスは良くなることを証明しちゃったんだから、これをデスクトップに応用しない手はないと思うんだ。

でも問題は容量。
128GBや256GBじゃ、iMovieやiDVD使っちゃうとあっという間に足りなくなる。
AirだとCPUが非力だし、元々そういう用途とは別のターゲット狙いだから問題ないけど。
iMacなら絶対にそこは押さえていないと行けない。

じゃあどうするか・・・
SSDとHDDと両方積んじゃおう!
システム領域はSSDで、ユーザー領域(/Users以下)をHDDにしたら問題解決。
今もBTOモデルではSSD+HDD構成が選べるようだけど、それを標準にしちゃうんだ。
現BTOでHDDを/Usersにマウントしてるかどうかは知らない。でも標準にするなら絶対必要な措置だ。

ってことで、たぶん、次期iMacはこうなります。
というか、こうなって欲しいです。。。

できればTimeMachine用にもう一台HDD積んでて欲しいけどw

This entry was posted in blog and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>