イラレ代替アプリ探し

退職後の活動のための名刺を作成。
知人の厚意に甘え、印刷・裁断はしてもらえることに。

で、デザインは自分でするということになったけど 、いざやろうとしたらイラレ(Web業の人なら言わずと知れたAdobe illustratorのことです。以下イラレ)がない。
古いCS1ならあるんだけど、OSX 10.6にはインストールすることができずに放置状態。ちなみに10.5でイラレをインストールした後に10.6にアップグレードしたら動作は大丈夫らしいのも知っているけど、CS1はPPCアプリなのでrosettaで動くという点でも乗り気になれないんだよね。。。

とはいえ、これからの退職生活で最新のAdobeアプリ購入なんて贅沢はできるハズもなく。
以前からphotoshopは卒業してpixelmatorで済ますようにしていたので、それと同じようなイラレ代替アプリを検討することに。

まずはInkscape
イラレ代替として有名なオープンソースアプリ。機能的には満足だけど、OSX版はX11を経由するため、ショートカットが違う、日本語が直接打てないetc… とイマイチmacアプリとしてはUIが馴染めない。
そもそもInkscapeで満足できる人間ならphotoshop代替でもGIMPを使うはずなわけで。GIMPではなくpixelmatorを選ぶニュアンスが、今欲しいものなんだよ。

ということでMac App Storeで探して当たったのがVectorDesigner
Inkscapeとは逆に、 見た目からとてもmacらしく好印象で、個人的にもしっくりくるUI。
ただ機能面で、文字列の行の高さを設定できなくて・・・。今回は名刺という文字を詰め込む類のデザインをしたい状況だから、この機能がないのは痛いなぁ。

他にIntaglioやらEasyDrawやらを試すも、個人的にはUIに馴染めず。

結局今回は操作感は我慢しつつInkscapeで作っちゃいました。
今のところ今後常用するならVectorDesignerかなと思ってますが、なんかもっと、photoshopに対するpixelmator並に「これだ!」っていうアプリないもんかなぁ。

This entry was posted in blog and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>