Ubuntu 10.04にMongoDBをapt-getでインストール

素のapt-getだとバージョンが古すぎるので、ちょっとマシにする方法を自分のためにメモ。

/etc/apt/sources.list に以下を追加

deb http://downloads.mongodb.org/distros/ubuntu  10.4 10gen

この段階でapt-get updateしたら以下のように怒られる

W: GPG error: http://downloads.mongodb.org 10.4 Release: The following signatures couldn't be verified because the public key is not available: NO_PUBKEY 9ECBEC467F0CEB10

なので以下を実行

gpg --keyserver pgpkeys.mit.edu --recv-key 9ECBEC467F0CEB10
gpg -a --export 9ECBEC467F0CEB10 | sudo apt-key add -

改めて

sudo apt-get update
sudo apt-get install mongodb-stable

これでインストール終了。
現時点(2011/05/03)で、Version 1.6.5が入りました。最新=1.8.1(20011/04/06リリース)ではないけども、素のapt-getで入ってくるは1.2.2なので幾分マシかと。

参考サイト: Getting Started with MongoDB and PHP

さー、MongoDBで遊んでみよっと。

This entry was posted in blog, tips and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>