[mac] Chrome Remote DesktopがつながらないのはESETの設定でした

久しぶりにChrome Remote Desktopを使おうとしたら相手先に接続できませんでした
「リモートのパソコンにアクセスできません」と表示されます

chrome remote desktopのエラー

前に接続できたときからいろいろ環境変わってるからなあ・・・
そういえばChromeアプリ版が廃止されてオンライン版になってから初めての利用な気がします
そのせいかな?

ということで原因を調べてみました
ネットワークの設定が原因と言ってますが、別のPC(chromebook)からは問題なく繋がるのでルーターはシロです
そうなるとmac内のファイアウォールが怪しい

ESET Cyber Security Pro

結論から言うと犯人(?)は導入しているウイルス対策ソフト「ESET Cyber Security Pro」でした

設定>パーソナルファイアウォールから
設定を選んで
ファイアウォールの設定画面

ここでフィルタリングモードを対話モードにしてそれっぽい通信を探してみた結果が、その下にあるChrome Helperの通信です
こちらを許可することでRemote Desktopも無事接続できるようになりました

今回設定した内容は以下のとおりです
パスにバージョンナンバーがあるからchromeをバージョンアップしたらまた設定やりなおし・・・?
バージョンナンバーはCurrentに設定しても大丈夫でした!
これならchromeのバージョンアップにも追随してくれそう

アプリケーション/Applications/Google Chrome.app/Contents/Frameworks/Google Chrome Framework.framework/Versions/Current/Helpers/Google Chrome Helper.app
アクション許可
方向両方
プロトコルTCP & UDP
ポートリモート
リモートポートすべて
宛先インターネット全体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です