[chromebook] hp chromebook x360 14を開発に使えるようにいろいろ初期設定

先日購入したhp chromebook x360 14で開発作業ができるように行った設定(主にCrostini環境の整備)をまとめます。

Dropbox

基本的には先日書いた記事のまま
ただ、マウント時のパーミッションを自分だけが読み書きに変える – SSHの鍵を同期してるんだけど600になっていないと使えない – ためにexpectの内容を少し変更

#!/usr/bin/expect

set PASSWORD "n0r1k0db"
spawn env LANG=C /home/kazishii/.local/bin/dbxfs -o umask=077
expect {
    "keyring:" {
        send "${PASSWORD}\n"
    }
}
expect {
    "\\\$" {
        exit 0
    }
}

IME

日本語入力環境を整えます

$ sudo apt install fonts-noto
$ sudo apt fcitx fcitx-mozc fcitx-lib*

IMEの設定を起動します

$ fcitx-autostart
$ fcitx-configtool

設定内容はこちらを参考にしました
(参考先はC101PA=arm64用なのでx360 14=amd64に当てはめるには注意)

Mozcの追加

  1. 左下の方の+ボタンを押して表示されたポップアップの、Only Show Current Language のチェックボックスを外します。
  2. その次にSearch Input Methodをクリックして、mozcと入力します。
  3. 上に表示されたmozcをクリックして追加完了です。

フォント設定

  1. 画面上部のAppearanceタブを選択します。
  2. fontのところに表示されているフォント名をクリックします。(デフォルトに何が表示されているのかメモし忘れました。。)
  3. search font nameをクリックしてNoto Sans CJK JPと入力します。
  4. 表示されているNoto Sans CJP JP Regularを選択して完了。
  5. Menu fontの方でも同じように設定する。

毎回起動時にfcitx-autostartをするのは嫌なので自動起動を設定します
こちらを参考にさせていただきました

/etc/systemd/user/cros-garcon.service.d/cros-garcon-override.conf
に下記を追加

Environment="GTK_IM_MODULE=fcitx"
Environment="QT_IM_MODULE=fcitx"
Environment="[email protected]=fcitx"

~/.sommelierrc
にて起動時に呼び出し(ファイルがなければ新規作成)

/usr/bin/fcitx-autostart

Visual Studio Code

こちらを参考にさせていただきました
C101PAのときはarmだから第三者のパッケージを使っていましたが、x360 14だとMicrosoftからの公式を使えるのが嬉しい!

まずレポジトリを登録

$ curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | gpg --dearmor > microsoft.gpg
$ sudo install -o root -g root -m 644 microsoft.gpg /etc/apt/trusted.gpg.d/
$ sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/vscode stable main" > /etc/apt/sources.list.d/vscode.list'

追加したレポジトリからパッケージリストをよみこんでインストール実行

$ sudo apt update
$ sudo apt install code

あとはcodeを立ち上げお好みで設定を変更すればVSCodeの準備も完了です
個人的には下記が大事だと思います

フォントの設定
日本語等幅フォント(ex: Noto Sans Mono CJK JP)を追加しないと日本語でカーソルがずれる
ショートカットの設定
そのままではIMEで使うctrl+spaceが競合しているので回避